法圓寺

ほうえんblog ほうえんblog

今さら聞けない仏事作法や、当院における日常風景、お坊さん視点の世間話まで。移り行く時代のなか、敢えて立ち止まって考えるきっかけになればと思います。本ブログをきっかけに、あなたと、法縁が結ばれますように。

若の日常

家族がふえました The name represents the body

今日は一か月記念日

一か月前の話しになりますが・・・

令和3年2月22日0時25分

第二子となる男の子が誕生しました!!!!!

こういうコロナ禍の時世のなか生まれてきてくれたいのち

家族一同、心の底からの歓喜に溢れています

次男の名

一か月記念日の節目に、ちょこっとした親の願いを表明しようと思います

次男の名

その名は【日知(はると)】です!

よみ難いかもしれませんが、わたし達は気に入っています

日知

ふるい言葉の「ひじり」―日を知っている人 則ち 先見の明がある人 を指し示す―から着想を得ました

この時世のなか生まれたいのちです

自発的に物事を捉え、道なき道を切り拓いて、たくましく生きてほしいという願いを込めました

日を(ハル)と訓んで、晴れて日のあたっている状態を指す、との解釈があるそうです

そういうはたらきの、光源的なところに「阿弥陀さま」の存在がいらっしゃる事。

また、

君があゆむ道のりは、じぶんの力のみならず、阿弥陀さまの光に照護されているから歩むことができるんだよ

という気持ちも、その名の由来には込めさせていただきました

親鸞聖人『顕浄土真実教行証文類』「行文類」正信念仏偈

摂取の心光 つねに照護したもう

念願

君が、かなしい時、くるしい時、さみしい時、せつない時には、君の名に願いをかけたパパとママ。そして「阿弥陀さま」がいらっしゃる

そういう事を、どこかに認めておきたい・・・

そうした想いからblogとして投稿させてもらった次第でした

南無阿弥陀仏

筆者について

法圓寺副住職 梨本 雄哉(なしもと ゆうさい)

お寺でのヨガ教室や婚活イベントなどを通し、お寺という場が地域の人やモノの架け橋になるよう活動中です。あなたと、お寺でお会いできることを楽しみにお待ちしております。